ロシア・プレミアリーグ再開

第20節

順位

チーム名

勝点

1

PFC チェスカ・モスクワ

46

2

FCアンジ・マハチカラ

41

3

FCゼニト・ サンクトペテルブルク

38

4

FCスパルタク・モスクワ

35

5

FCクバン・クラスノダール

35

6

FCルビン・カザン

34

7

FCディナモ・モスクワ

33

8

FCテレク・グロズヌイ

32

9

FCクラスノダール

31

10

FCロコモティフ・モスクワ

31

11

FCロストフ

21

12

FCアムカル・ペルミ

19

13

FCヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド

17

14

クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ

16

15

FCモルドヴィア・サランスク

12

16

FCアラニア・ウラジカフカス

12

※青字はCL・赤字はEL参加資格



               FCヴォルガ・ニジニ・ノヴォゴロド 0:2        FCクバン・クラスノダール     

 

  

           FCクラスノダール           2:1                  FCアムカル・ベルミ        

 

           FCディナモ・モスクワ         1:0                   FCロコモティフ・モスクワ     

             

アウェーながらも、ロコモティフが試合の主導権を握りシュート数・枠内シュート数ともにディナモを上回るも得点に結び付けない。固い守備とタレントの多い中盤でチャンスは作るが決定力不足は解消されず順位も10位に後退。次節スパルタク・モスクワに敗れるようだとEL枠に入る事すら厳しくなる。

  

     クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ    0:2          PFCチェスカ・モスクワ   

 

本田選手とドゥンビアが怪我により欠場も、アウェイで危うげのない勝利。復帰初戦のヴァグネル・ラブ選手もチームブランクは感じさせず、離脱中の2選手が復帰すれば攻撃陣の陣容は更に厚くなります。2位のアンジが敗れた事で優勝に大きく前進しました。ただし次節は勢いに乗るFCクラスノダール。ホームとはいえ油断は出来ず、本田選手がまだチーム練習の参加出来てない状態から次節の出場は厳しく、早い復帰が待たれます。

 

       FCアラニア・ウラジカフカス         0:0                  FCロストフ             

             

      FCスパルタク・モスクワ            3:1                  FCテレク・グロズヌイ        

 

今節ロシアを一番沸かせたのが、この試合。ロシアで一番の人気を誇るスパルタクが難敵テレクに3-1の勝利。そして今冬FCクラスノダールから推定8億円で移籍したユーラ・モフシシャンがクラブ史上初となるデビュー戦ハットトリックを記録。アメリカMLSでデビューした異色のアルメニア代表ストライカーが名門復活の鍵を握るでしょう。

 

           FCルビン・カザン          1:0            FCゼニト・サンクトペテルブルグ  

 

優勝の為には1試合も落とせないゼニトはアウェーで強豪ルビンに完敗。現在のチーム状態の差がそのまま結果に繋がりました。ELでスイスのバーゼルに完敗したゼニトはスター選手を揃えているもチームとしてのまとまりは無く、スパレッティ監督の求心力も低下している様子。優勝争いの3チームの中では若干組み合わせ的に楽な部分はありますが、次節の勝利は絶対条件でしょう。

  

                FCモルドヴィア・サランスク        2:0                  FCアンジ・マハチカラ       

 

スパルタク・モスクワの試合とともに、ロシアを驚かせたのがこの1戦。チェスカに勝点2ポイント差で今冬ウイリアン選手を獲得し戦力強化を図ったアンジがアウェーとはいえ降格圏内を独走しているモルドヴィアでまさかの敗戦。そのウイリアン選手も直前のELニューカッスル戦での負傷で欠場。とはいえヒディング監督もこの敗戦には言葉も出ない様子。チェスカの布陣、今後直接対決がない事を考えると初優勝を狙うチームにとってはあまりにも痛い敗戦です。


                      次節展望

次節の注目カードは、スパルタクーロコモティフのモスクワダービー。そしてクバンーディナモの上位を狙うチーム同士の星の潰し合いでしょう。チェスカークラスノダールも優勝を盤石にしたいチェスカと、ビッククラブ入りを目指すクラスノダールの1戦は見応えのある試合になるでしょう。ある意味、攻撃の主力2人を欠くチェスカは今後のチーム編成を考える上での重要な1戦となりそうです。