ロシア・プレミアリーグ 第24節

順位

チーム名

勝点

1

PFC チェスカ・モスクワ

56

2

FCゼニト・ サンクトペテルブルク

50

3

FCアンジ・マハチカラ

46

4

FCスパルタク・モスクワ

40

5

FCルビン・カザン

40

6

FCディナモ・モスクワ

39

7

FCクバン・クラスノダール

39

8

FCクラスノダール

35

9

FCテレク・グロズヌイ

35

10

FCロコモティフ・モスクワ

33

11

FCロストフ

25

12

FCアムカル・ペルミ

24

13

FCヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド

21

14

クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ

20

15

FCモルドヴィア・サランスク

16

16

FCアラニア・ウラジカフカス

16

※青字はCL・赤字はEL参加資格



                           FCディナモ・モスクワ       0:0         PFCチェスカ・モスクワ

 

注目のモスクワ・ダービーはある意味予想通りのスコアレス・ドロー。攻撃の中心のヴァグネル・ラブ選手を出場停止で欠くチェスカはムサのスピードを活かしたショート・カウンターでチャンスを作り出す場面も見られたが、引分けでも勝ち点を上積みしたいという消極的な気持ちが若干働いたか。対するディナモはココリン出場でサポーターの期待も膨らむも、現在のチェスカの安定した守備は崩せず。順位も落としています。

 

                       FCロコモティフ・モスクワ    0:1    FCゼニト・サンクトペテルブルグ

 

ロコモティフはホームで相手がゼニトとはいえ、またも勝利から見放され泥沼の状態。サポーターの不満も抑えきれず、一部サポーターとクラブの話し合いも持たれました。不満はビリッチ監督に対するよりもオーナーに向けられ、次節もアウェーでのクバン戦と厳しい試合が控えており、クラブ上層部も何かしらの手を打つ必要が出てくるでしょう。ゼニトはファズーリンのゴールを死守し貴重な勝点3をアウェーで獲得。チェスカを追い詰める為には、もう取りこぼしは許されません。

 

                        FCテレク・グロズヌイ          2:2        FCクバン・クラスノダール    

 

                            FCクラスノダール      0:3        クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ

 

           FCヴォルガ・ニジニ・ノヴォゴロド    0:3       FCアンジ・マハチカラ   

 

ウイリアンが先発復帰したアンジが久々の快勝。次節は強豪ディナモとの一戦だが、エトーも復帰が見込まれゼニトに何としてでも追い付きたいところ。新スタジアム建設を始め、クラブのブランドを更に上げる為にはチャンピオンズ・リーグ出場をかなえる必要があるでしょう。

                  

         FCスパルタク・モスクワ    2:0         FCアムカル・ベルミ

 

                            FCルビン・カザン     1:1         FCロストフ    

 

                  FCアラニア・ウラジカフカス       3:0        FCモルドヴィア・サランスク      


                       第25節展望

最注目はやはりチェスカースパルタクのダービー戦。チェスカがホーム扱いとなりますがルジニキ・スタジアムはスパルタクにとってもホーム同様。8万人収容のスタジアム内だけではなく、モスクワ中がこの一戦による影響を受ける事になるでしょう。チェスカは2位ゼニトとの差が6ポイントあるとはいえ、威信をかけた負けられない一戦。万全の警備態勢の中、白熱した試合が期待されます。