ロシア・プレミアリーグ 第26節

順位

チーム名

勝点

1

PFC チェスカ・モスクワ

57

2

FCゼニト・ サンクトペテルブルク

54

3

FCアンジ・マハチカラ

47

4

FCスパルタク・モスクワ

44

5

FCルビン・カザン

44

6

FCディナモ・モスクワ

43

7

FCテレク・グロズヌイ

41

8

FCクバン・クラスノダール

41

9

FCクラスノダール

38

10

FCロコモティフ・モスクワ

37

11

FCロストフ

25

12

FCアムカル・ペルミ

25

13

FCヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド

25

14

クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ

24

15

FCモルドヴィア・サランスク

16

16

FCアラニア・ウラジカフカス

16

※青字はCL・赤字はEL参加資格



                FCヴォルガ・ニジニ・ノヴォゴロド   1:1      クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ

 

                          FCディナモ・モスクワ            3:1         FCモルドヴィア・サランスク

 

                         FCテレク・グロズヌイ             2:1          FCアムカル・ベルミ

 

                     FCロコモティフ・モスクワ          3:1           FCロストフ  

 

                        FCスパルタク・モスクワ           2:0           FCアンジ・マハチカラ  

 

上位2チームとのポイント差を縮めたいアンジだが、開始5分にスウェーデン代表シェルストレームに先制点を許すと66分にはゴールキーパーのガブロフがまさかの一発レッド。ペナルティーを決められ、そのまま0-2の敗戦。ウイリアン、エトーが復帰し調子が上向くかに見えたが、4位以下との差が縮まる一方です。 

 

                   FCクバン・クラスノダール          2:2          FCゼニト・サンクトペテルブルグ

 

チェスカがアウェーでのルビン戦という事でポイント差を1に縮めるチャンスのゼニト。開始6分に先制するも、その後立て続けに得点を奪われる展開。劣性の状況を救ったのは、この日もダニー。66分に同点ゴールを決めると、更に攻勢に出るが追加点は奪えず2-2のドロー。結果的にはチェスカとのポイント差を1縮めるのみとなりました。

 

                             FCルビン・カザン             2:0          PFCチェスカ・モスクワ

 

本田選手が先発復帰したアウェーでのルビン戦。 ルビンの実力を思い知らされる結果となりました。何度か好機は作るもまだ本調子とは言えず、68分にトシッチと交代。チームは0-2での敗戦となるも、ゼニトが引き分けた為まだポイント差は3。但し今後のスケジュールはゼニトに有利な状況。優勝争いから目が離せなくなってきました。

 

                     FCアラニア・ウラジカフカス         2:3          FCクラスノダール     

 

  

 

 


                         第27節展望

やはり注目は上位2チームの試合。チェスカは難敵テレクとのホーム戦。かたやゼニトはホームで最下位のアラニア戦。ここ3試合勝ちのないチェスカは何としてでも勝ち点3が欲しいところ。先発のフォーメンションにも注目が集まります。ゼニトは最下位のアラニアが相手とは言え、アラニアは最近攻撃陣が好調だけに、集中して試合に入りたいところ。

またアンジールビンの一戦は、ここでルビンが勝つと勝点で並ぶ為アンジにとっては踏ん張りどころ。4位以下となれば、もはや失敗のシーズンと見なされるでしょう。