ロシア・プレミアリーグ 第27節

順位

チーム名

勝点

1

PFC チェスカ・モスクワ

60

2

FCゼニト・ サンクトペテルブルク

57

3

FCアンジ・マハチカラ

50 

4

FCディナモ・モスクワ 

47

5

FCスパルタク・モスクワ  

44

6

FCルビン・カザン

44

7

FCクバン・クラスノダール  

44

8

FCクラスノダール

41

9

FCテレク・グロズヌイ

41

10

FCロコモティフ・モスクワ

40  

11

FCヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド

25

12

FCロストフ  

25

13

FCアムカル・ペルミ

25

14

クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ

24

15

FCモルドヴィア・サランスク

19

16

FCアラニア・ウラジカフカス

16

※青字はCL・赤字はEL参加資格



                       FCモルドヴィア・サランスク     2:1     FCスパルタク・モスクワ

 

                            PFCチェスカ・モスクワ       1:0      FCテレク・グロズヌイ

 

引分け、敗戦とゼニトに追い上げられてるチェスカ。ホームとは言え強豪テレクとの試合で予想通りの苦戦を強いられるが、前半にヴェアンブロームが挙げた得点を守り抜き貴重な勝点3。本田選手は後半途中から出場し徐々に調子を上げ、次節のモスクワ・ダービーでの活躍が期待されます。

 

                                          FCロストフ       0:2       FCクバン・クラスノダール

 

                            FCアンジ・マハチカラ       2:1       FCルビン・カザン

 

調子がなかなか上がらないアンジは、ロシア最高のチームとも言われるルビンとの一戦。エトーの劇的なロスタイム弾でEL出場権を守る為に貴重な一勝。ウインターブレイク前には2位につけ、初の優勝、最低でもチャンピオンズ・リーグ出場権を勝ち取りたかったアンジにはとっては不満の残るシーズンだが、EL出場権はを逃す事は許されないでしょう。

 

                  FCゼニト・サンクトペテルブルグ     4:0     FCアラニア・ウラジカフカス  

 

首位チェスカを3ポイント差で追うゼニト。アラニアが前半14分で退場者を出した事にも助けられ、フッキのハットトリックもあり、4-0の圧勝。次節の組み合わせ的にはゼニトが有利。この勢いを最終節まで続けられるか。未だ退任の噂が消えないスパレッテイ監督の手腕にも注目が集まります。

 

                  クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ      1:2     FCディナモ・モスクワ

 

                              FCアムカル・ベルミ          2:4       FCロコモティフ・モスクワ  

 

                             FCクラスノダール            2:0        FCヴォルガ・ニジニ・ノヴォゴロド


                        次節展望

チェスカ・モスクワはロコモティフ・モスクワとのダービー戦。ゼニトはロストフとのアウェー戦。組み合わせ的にはゼニト有利だが、ロストフはカップ戦で準決勝にも進出している決して侮れない相手。チェスカはEL出場に望みを繋ぐロコモティフ相手のダービー戦だけに、厳しい戦いになるでしょう。ゼニトが勝ち点で追いつくか、または1ポイント差に詰めるかという予想が多いが、しっかりロストフに勝っておかないと引き離される可能性も十分にあります。ロコモティフはサポーターの不満を僅かでも解消する為にも、ダービーでの勝利は必要でしょう。