ロシア・プレミアリーグ 第28節

順位

チーム名

勝点

1

PFC チェスカ・モスクワ

63

2

FCゼニト・ サンクトペテルブルク

58

3

FCアンジ・マハチカラ

50 

4

FCディナモ・モスクワ 

47

5

FCルビン・カザン  

47

6

 FCクバン・クラスノダール    

47

7

FCスパルタク・モスクワ 

45

8

FCテレク・グロズヌイ

44

9

FCクラスノダール 

42

10

FCロコモティフ・モスクワ

40  

11

FCヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド

28

12

FCロストフ  

26

13

FCアムカル・ペルミ

25

14

クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ

25

15

FCモルドヴィア・サランスク

19

16

FCアラニア・ウラジカフカス

16

※青字はCL・赤字はEL参加資格



                              FCルビン・カザン     2:1      FCモルドヴィア・サランスク  

 

                   FCスパルタク・モスクワ        1:1       クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ

 

                       FCディナモ・モスクワ       1:1         FCクラスノダール 

 

            Cヴォルガ・ニジニ・ノヴォゴロド   1:0    FCアラニア・ウラジカフカス   

 

                     FCクバン・クラスノダール    4:0     FCアムカル・ベルミ         

 

                FCロコモティフ・モスクワ       1:4       PFCチェスカ・モスクワ 

 

チェスカにとっては優勝のかかったモスクワ・ダービー。ロコモティフにはEL出場権を得る為には勝利しかない状態。ロコモティフがホームで意地を見せるのを期待したサポーターにとっては、まさかの大敗。ヴァグネル・ラブ選手の1点目や、先発出場した本田選手のシュートのこぼれからの失点等、アンラッキーな部分もあったがヴィリッチ監督は今季終了宣言。来季に向けていかに立て直し、適格な補強が出来るか。次節、引分けでも優勝が決まるチェスカは本田選手の負傷交代は気になるも、ほぼ優勝は手中に収めたでしょう。

 

                        FCテレク・グロズヌイ       1:0        FCアンジ・マハチカラ    

 

                                  FCロストフ         1:1         FCゼニト・サンクトペテルブルグ  

 

優勝争いを最終節まで持ち込みたいゼニトは、開始早々に得点するも終了間際に失点。事実上のシーズン終了を告げる。しかし一時のチーム内での内紛から立ち直り、最後までチェスカを追い詰めた地力はロシア随一。シーズンオフの移籍マーケット、スパレッティ監督の去就が注目されます。   


                        次節展望

チェスカ優勝がほぼ決まった状態での残り2試合。注目はEL出場権争いでしょう。3位から6位までのポイント差が3ポイントという大混戦。大ブレーキのアンジもEL出場権すら危うくなっています。EL出場権を争うチーム同士での直接対決がない分、どのチームにとっても正念場でしょう。